■プロフィール

WoodiestSaza

Author:WoodiestSaza
画像はPSO2(SEGA)マイキャラを描いてもらった似顔絵です。

トラックバックは言及リンクありでお願いします。

■ブログ内検索

■アニメ感想ブログ カスタム検索

個人が書いた「アニメ(ゲーム)感想記事」を見つけるために作成した、まとめブログ等を除外したブログ検索です。 例:「"アニメタイトル" "各話のサブタイトル"」「ゲーム名 感想」

除外URL数:1834
(更新:2017/04/14)
説明ページ

■twitter

■最近の記事
■カテゴリ

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■スクリーンショット(flickr)

create with flickr badge.

■YouTubeの自分のチャンネル

■RSSフィード
■リンク
FIFA13:ダッシュ中のトラップ(向かってくるボールを受けるとき)(更新)
FIFA13のトラップについて、全力で走りながらの状態だとトラップが大きくなりがち、という感じがしたので、動画を撮ってFIFA12と比較してみました。



状況は、向かってくるボールに対して、わざとRTで全力ダッシュしてボールを受けるシーンです。
まずFIFA12から。



まずファーストタッチですごく小さなトラップをしてから、セカンドタッチでRTダッシュのために大きくボールを蹴り出します。


これと同じ事をFIFA13でやると、こうなりました。



FIFA12と全然違いますよね。最初、「ファーストタッチが大きく乱れすぎ」と思ったのですが、それとも違う。
FIFA12の時はRTダッシュ状態であっても、まずファーストタッチで小さくトラップしボールを足元に納めてから、セカンドタッチで大きく蹴り出しました。

これがFIFA13だと、ファーストタッチで(RTダッシュのために)大きく蹴り出します。わざわざツータッチせずに蹴り出すので、無駄が無く速く移動できます。(FIFA12ではノックオンを使えば、これと似たような動きができますね)

しかし当然ながら、足元に納める小さなトラップが無いので、体とボールの間に割り込まれれば簡単にボールを取られます。


「走りながらボールを受けると、やたらにボールを大きく蹴り出すなぁ」と感じていたので、ちょっと納得できました。(まだ分からないところはあるので、完全では無いです。)


で、次は当然これを考えますよね。
RTダッシュしてボールに近づくが、トラップする直前にRTを離してボールを受けた動画がこれ。



FIFA12の極小トラップにはかないませんが、ファーストタッチで大きく蹴り出す事はしなくなりました。


このことから、今はこう考えています。

・トラップを小さくしたいなら、RTダッシュ状態でボールを受けるのは出来るだけ避ける。(可能ならボールに触る直前にはRTを離す)

しかし、ルーズボールを相手と競争しながら追っている状況では、RTを離して減速する余裕も無いときがあります。そういうときは、ダッシュ状態のままダイレクトクリア/ダイレクトパスを選択肢に入れるようにしています。

ボールを大きく蹴り出しても大丈夫なスペースがあるなら、RTダッシュで蹴り出すのも良いですね。


・2012/10/05 追記

あの後、色々試していてもっとトラップを小さくする方法を見つけました。ただし、トラップの方向が体の前方向(進行方向)限定です。



この動画は、トラップ前にキックフェイントを先行入力で入れただけです。RTは引きっぱなしだし、左スティックは前に入れっぱなしです。
でも、トラップする瞬間自動で減速し、小さくトラップし、その後RTダッシュなので走り出します。

この動作はFIFA12でも同じなのですが、FIFA12の場合はもともと通常トラップが小さいので、わざわざやる必要性が高くなかったのですけど、通常トラップが大きく乱れる可能性のあるFIFA13では、やる価値が出るかもしれません。

なんというか、FIFA12の正確なトラップ動作がそのまま残ってる感じです。トラップが不得意なDF登録の選手を使って何度行っても、正確で小さな動作のトラップが出来ますよ。

当然ながら、ボールを受ける際にキックフェイントを先行入力出来るだけの時間的余裕は必要です。

この動作、わざと残したんでしょうか?

テーマ:Xbox360 - ジャンル:ゲーム

FIFA13 | 03:31:03 | トラックバック(0)

FC2Ad