■プロフィール

WoodiestSaza

Author:WoodiestSaza
画像はPSO2(SEGA)マイキャラを描いてもらった似顔絵です。

トラックバックは言及リンクありでお願いします。

■ブログ内検索

■アニメ感想ブログ カスタム検索

個人が書いた「アニメ(ゲーム)感想記事」を見つけるために作成した、まとめブログ等を除外したブログ検索です。 例:「"アニメタイトル" "各話のサブタイトル"」「ゲーム名 感想」

除外URL数:1834
(更新:2017/04/14)
説明ページ

■twitter

■最近の記事
■カテゴリ

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■スクリーンショット(flickr)

create with flickr badge.

■YouTubeの自分のチャンネル

■RSSフィード
■リンク
FIFA12:マニュアルでのスローイン
ショートパスの設定をセミアシストからマニュアルにしたせいで、スローインもマニュアルになりました。
マニュアルだと味方にボールを渡すのが、ものすごく難しいです。

セミの状態なら味方に向けてAボタンちょん押しで、ちょうど味方の足元にスポッと落ちるようなスローインになります。
だから今までの私のスローインのやり方は、とにかくフリーの味方を探してその味方に向けてAボタンを押す、というやり方でした。

この方法は、マニュアルでも正確にやれば出来るのですが、出来ない条件もあるのです。



■マニュアルだと出来ないスローイン

(1)味方が近すぎる場合(→ボールが頭上を越えてしまう)

これは驚きでしたよ。味方がすぐ近くに居る場合、セミの場合なら単にAボタンちょん押しで、頭上のボールをそのまま目の前に落とすような感じで受け手の足元に渡せました。マニュアルでこれをやると、ボールが味方の頭上を越えます(笑)
つまり投げる力が強すぎる。ほんの一瞬のちょん押しでもダメでした。


(2)動いている味方に渡す(→味方の移動を固定できない)

スローインをする際、左スティックとAボタンで入力完了した少し後に、実際のスローイン動作が行われます。このAボタンを入力した際に、左スティックで投げ入れる方向も指示しているのですが、この方向が後から変更できません

つまり、Aボタン入力後、実際にボールが投げ入れられる前に受けるはずだった味方が動いてしまうと、どうしようもない。味方がさっきは居たけど今は居ない場所にボールを投げ入れることになります。

例えば、ショートパスなどは実際に蹴る瞬間の左スティックの方向入力が有効なので、Aボタンで入力完了後、実際にボールを蹴る直前まで左スティックで蹴る方向の修正を受け付けています。
だから、蹴る瞬間のギリギリまで、方向を変えれる余裕がある。

でも、マニュアルでのスローインはAボタンでパワー決定した瞬間に方向も決定しています。だから右に左に動いている味方に合わせるのはほぼ無理
前に走っている味方の先に出す、というような場合なら、方向は変わらないので可能です。

今までのセミのスローインの場合なら、味方が左右に動いていても合わせることが可能でした。
いや、マニュアルのショートパスでなら渡せますよ。マニュアルのスローインでは無理。

でもこれはたぶん、方向を後から変えられないのはセミでも同じで、セミの場合、受け手を移動できないようにその場に固定する事が出来るから、ボールを渡せるのだと思います。

スローインを受けたことがある人なら分かると思うのですが、スロワーが自分に向けて投げようとしている場合、ゲーム中スローインが投げ入れられる直前に、突然、自キャラが動けなくなります。そしてその直後、ボールが自分に向かって飛んできます。この、受け手をその場に固定するシステムがマニュアルスローインでは効かないようです。


(3)ロングスローの特殊能力が無効

通常のAボタンでのスローイン動作で、ロングスローを投げる事が出来る能力があるのですが、ショートパスをマニュアルにすると一切使えなくなりました。Aボタンフルパワーで投げても、セミの時のAボタンでのロングスローの距離に及びません。




(1)の近すぎると渡せないとか、(3)の特殊能力無効とかを見ると、ショートパスをマニュアルにした場合のスローインについては、あまりテストされていないということかな?と思っています。

ここまで書くと、「マニュアルスローインってダメじゃん」という感じになってしまうかもしれませんが、実際に使うとそうダメでも無いです。

何しろスローインはほとんどの場合、アシストやセミの受け手の選手をその場に固定して投げる方式のスローインを使うでしょ?だから、11onでは相手のスローインをカットしたいなら、単純に受け手となる選手の前に割り込めば良い。受け手はボールを受けるまでその場で固まっているので、間に合いさえすればカットは容易なんです。

スローインのボールをスペースや味方の少し手前に出して、味方に動きながら受けてもらう方式なら、そうカットはされません。



この動画はマニュアルスローインのうまくいった例です。スローインはAボタンで行いました。
もしセミで行っていたら、PA内の受け手はその場に固定され、そこでボールを受けたはず。でもこの動画の場合、受け手がサイド方向に少し移動してボールを受けてくれていますよね。

最初はあまりに味方に合わないので設定をセミに戻そうかとも考えたのですが、意外にスローインからチャンスになる場合もあり、また、そのチャンスパターンが今まで見たことが無いようなものがあるので、今もマニュアル継続中です。

この動画はうまくいった場合ですけど、うまくいかず相手に渡る場合も多いですよ。マニュアル設定のスローインが難しすぎる、という感想は変わりません。

テーマ:Xbox360 - ジャンル:ゲーム

FIFA12 | 04:53:38 | トラックバック(0)

FC2Ad