■プロフィール

WoodiestSaza

Author:WoodiestSaza
画像はPSO2(SEGA)マイキャラを描いてもらった似顔絵です。

トラックバックは言及リンクありでお願いします。

■ブログ内検索

■アニメ感想ブログ カスタム検索

個人が書いた「アニメ(ゲーム)感想記事」を見つけるために作成した、まとめブログ等を除外したブログ検索です。 例:「"アニメタイトル" "各話のサブタイトル"」「ゲーム名 感想」

除外URL数:1834
(更新:2017/04/14)
説明ページ

■twitter

■最近の記事
■カテゴリ

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■スクリーンショット(flickr)

create with flickr badge.

■YouTubeの自分のチャンネル

■RSSフィード
■リンク
FIFA11:ボタン入力から蹴るまでに掛かる時間
「動きがもっさりしている」と言われがちなFIFAシリーズですが、その理由の一つだと私が思っているのが「ボールが体から遠いと、何をするにも時間が掛かる」という点です。

これは、前にも何度も書きました。

しかし、きちんと証拠を示しながら書くのは難しい、と思っていたのですが、超スロー動画が撮れるデジカメを使用することで参考動画を作成出来ました。



以下に、通常ドリブル時のロブパス(マニュアル:最大パワー)を蹴る動画を二つ示します。
(youtubeのアノテーション機能を使用しています。)





この2つのロブパスでボタン入力から蹴るまでに掛かった時間をグラフ化したのが下記です。
(時間計測方法は、デジカメ上でフレーム数を数えて行いました。)

FIFA11 ロブ キック時間

同じ「通常ドリブル」からのロブパスでも、微妙に時間が異なっているのがボール脇に踏み込む時間。B(2)の方は、ゲージを最大まで溜めた瞬間のボールの位置が、B(1)よりも足に近かったため踏み込む時間が短くなっています。


そして、次がRTドリブル中に同じ事をやった動画です。



FIFA11 ロブ RTドリブル キック時間

もはやゲージが最大になっても、その後2,3歩走らないとボールに追いつきません。ダッシュドリブルなので当然ボールはかなりの速度で前に転がってますから、当たり前ではあります。

注意:この動画はRTドリブル中にロブパスを蹴る様子を複数回撮って、踏み込むのに一番時間が掛かったものを示しています。RTドリブルであっても、パワーを決定した瞬間にボールが足の近くにあれば、すぐに蹴ることが出来ます。



時間が掛かる例ばかり挙げたので、最後はボタン入力後すぐに蹴ることが出来ている動画です。
注意:パワーが最小です。



FIFA11 スルー 最小パワー キック時間

これには今までの動画にあった「踏み込む」動作がありません。ボール脇に踏み込むこと無く、ボールがまだ体より前にある状態のまま、足を伸ばしてちょん、と蹴っています。当然ながら、これでは強いボールは蹴れません。しかし、弱いボールで良いのならこのように踏み込み無しの速い蹴りだしが出来るようになっています。

これはたまたまスルーパス(マニュアル)で蹴っていますが、通常のAボタンパスでも、弱いボールなら同様です。
注:アリーナでは、パス(セミアシスト)では中程度以上の強いボールしか蹴られなかったので、スルーボールで動画を撮りました。
注:ロブ、ロブスルー、シュート、コントロールシュートは、最小パワーでも必ず踏み込む動作があります。



■まとめ
元はと言えば、私が11onでDFをやっている際に、最大パワーのロブパス(ロングフィード)を蹴ろうとした際にギリギリで相手に詰められて蹴るのを失敗することがよくあった、という経験が疑問を持つきっかけでした。
Aボタンのパスならギリギリ蹴られる時間的余裕があったはずなのに、ロブパスではギリギリ間に合わない。ロブパスは蹴るのが遅い?という疑問の正体は、結局踏み込む動作分の時間が掛かる、ということなんですね。

通常ドリブル時のB(1)の例でも0.7秒程度。実際は、これにオンラインのラグ分(軽いなら0.2秒程度?)を足しますから、最大パワーでロブを蹴るには1秒程度の余裕が必要ということになります。これは自分が思っていたよりも、ちょっとだけ時間が掛かっている感じ。

でも、ようやくすっきりしました。

テーマ:Xbox360 - ジャンル:ゲーム

FIFA11 | 22:21:36 | トラックバック(0)

FC2Ad